寿司の大観覧車やウボンゴに似のゲーム!?/子どもから大人も楽しい東京おもちゃショー2017に行ってきました

P6010988.JPG

はじめに

東京おもちゃショー2017に行ってきました。
今回も快晴に恵まれております。
ボードゲームだけには限らず、国内の最大規模のおもちゃの祭典です。

ボードゲーム好きに有名なくるりんパニックなどもおもちゃの部類ですから、もしかしたら何か面白いものがあるかもしれません!

P6010989.JPG

まずは今年のボーイズトイで受賞したバンバンクラッカー。

アメリカンクラッカーの大きいサイズですね。
大きなアクションが出来るので、とてもおもしろそうです!ビニール製なので子どもたちにも安心の素材。

P6010991.JPG

さすが富士急。やることが違います。富士急ハイランドとコラボした観覧車寿司。

P6010994.JPG P6010995.JPG P6010996.JPG

マリオのグラグラゲームです。ゲーム性の要素とバランスのアクションが良い

P6010998.JPG

四点が簡単に脱着できるクリエイティブなおもちゃ!

P6010999.JPG

そしてホビージャパンさんのブースへ。

P6011001.JPG

わりかし評判なバランスゲーム、ジャンクアート。

P6011002.JPG

脱出型ボードゲーム アンロック! 日本語版

P6011003.JPG P6011005.JPG P6011006.JPG P6011008.JPG

パンデミックレガシーシーズン2もいよいよ発売です。

P6011009.JPG P6011011.JPG

一時期話題を集めましたバウンズオフ。

P6011013.JPG

ガスアウトはガスを膨らませるチキンレース。プシュすると音がなって緊張感を誘います。持っているカードを出した回数分だけプッシュ!
おもしろそうですね。

P6011015.JPG P6011017.JPG P6011018.JPG

ピカチュウとミミッキュ!かわいい。

P6011021.JPG P6011022.JPG P6011023.JPG P6011024.JPG P6011027.JPG

ダンボールでハロウィーン!

P6011031.JPG

P6011032.JPG

アンパンマンは哲学ですね。一生現役だったやなせたかしさん、大好きです。

P6011033.JPG P6011034.JPG

ドローンん!

P6011035.JPG P6011037.JPG P6011038.JPG

法改正がありました。

P6011039.JPG P6011040.JPG P6011041.JPG

大人の知恵の輪シリーズにウルトラマンが参戦!

P6011042.JPG P6011043.JPG P6011045.JPG

ゲームロボット50、確か一昨年の入賞作品でしたか。ちょっと興味があって買ってみたいんですよね。

P6011046.JPG

懐かしい。ぱっくんぱっくん。

P6011047.JPG P6011049.JPG

ドラゴンボールVR。

P6011050.JPG P6011051.JPG

キャンディーの製造工場を意識したおもちゃ。クレーンゲーム。好きなキャンディーを置ける!

P6011052.JPG P6011053.JPG P6011055.JPG

P6011058.JPG

P6011057.JPG

かわいくておもしろそうですね!

P6011059.JPG P6011060.JPG P6011061.JPG P6011062.JPG

気軽にサバゲーが楽しめるレーザークロスシューティング

P6011063.JPG P6011065.JPG

くるくる回ってテクニックを磨く。フィンガースピナー

P6011066.JPG P6011069.JPG P6011070.JPG P6011071.JPG

先程の受賞作。バンバンクラッカー

P6011073.JPG P6011074.JPG P6011076.JPG

お子さまから楽しめる3Dペインティング。
これってクラウドファンディングしてなかったっけ。別製品かな。

P6011077.JPG P6011078.JPG P6011081.JPG P6011082.JPG P6011085.JPG P6011087.JPG P6011088.JPG P6011089.JPG P6011090.JPG

スマホでサインを書いているような動画が撮れる!

P6011091.JPG P6011094.JPG P6011096.JPG

サムネの。はかいりょくしゅごい。

P6011097.JPG P6011098.JPG

ごきげんなちょうになってー♫きらーめくかぜにのーって♪

P6011099.JPG P6011100.JPG P6011101.JPG

たまごっちのパクリからヒットした稀有な作品。

P6011102.JPG P6011103.JPG

YES!プリキュア!

P6011106.JPG P6011108.JPG P6011109.JPG P6011111.JPG

あのちーへいせーん♪のプラモ

P6011114.JPG

いつもより多く飛んでいるそうです。

P6011115.JPG P6011116.JPG P6011118.JPG

こっちに近づいてくる。

P6011119.JPG P6011122.JPG P6011123.JPG P6011125.JPG P6011127.JPG P6011128.JPG P6011129.JPG

引っかかるとサメが食らいつく。おもしろそうだけれど普通にひっぱっちゃいそう。

P6011132.JPG P6011134.JPG

Twitterで話題になった空飛ぶ絨毯。

P6011135.JPG P6011137.JPG

かなりウボンゴ3Dに近い。子ども向けのウボンゴって感じですかね。

P6011138.JPG P6011139.JPG P6011140.JPG P6011141.JPG P6011145.JPG

ビーズやおめかしするアクセサリーを作れるキット。

P6011149.JPG P6011150.JPG P6011151.JPG P6011152.JPG P6011153.JPG

ぷにぷに。くうきってやわらあかあい。

P6011154.JPG P6011155.JPG

むかしからありますよね。きわめたくなる。制限時間内にはめる。

P6011156.JPG

スコットランドヤードってこういう展示のされ方してるんだ。

P6011157.JPG P6011160.JPG

遠心力でずっとぐるぐる回るおもちゃ。

P6011162.JPG P6011163.JPG

これおもしろそうでした。このソーセージの言葉通りに降ったり押したりして遊ぶ。子どもたちは喜びそう。

P6011164.JPG P6011165.JPG P6011167.JPG

VRライクな覗き込むシューティングガン。

P6011169.JPG P6011171.JPG

これほしい。ほんと。

P6011173.JPG P6011174.JPG P6011175.JPG

これもほしい。たべてみたい(食い意地)

P6011177.JPG

髪質のお手入れや、お着替えが簡単に出来て、一緒に連れて遊べるお人形さん。

P6011179.JPG P6011180.JPG P6011181.JPG P6011182.JPG

3Dで浮かび上がるカジノ。

P6011188.JPG P6011191.JPG P6011193.JPG

たぶんこれヒット作になるんだろうなー。

ふくらませてぷにぷに。

デコしてかわいいキャラを作る。

P6011195.JPG P6011196.JPG P6011197.JPG  P6011201.JPG P6011202.JPG P6011203.JPG P6011206.JPG P6011207.JPG

 ポケットモンスター「キミにきめた!」
カスミやタケシはおりません。

感想

子どもたちは子どもが居ない大人が考える以上にスマートフォンに触れています。
小学生の子どもたちはYouTubeに夢中ですし、アプリゲームもたくさん遊んでいます。

そんな子どもたちにとってウケが良いゲームはなにかと言えば「触れる」ことでしょう。
物理的にものを触るということは、その柔らかさで欲求を満たしたり、その硬さで刺激を受けることでもあります。
さらにその感覚から先に行ったものと言えば「創造する」ということです。

子どもたちは常に何かを創造したがっていて、それは社会に生きる大人よりも強い欲求なのかもしれません。

今回の東京おもちゃショーではそんな「創造」をテーマにしたものが増えてきているように感じました。

アプリでは現実に則した実体感のある物は作成できませんので、「おもちゃ」でアプリに勝負を切り開く道はここにあるのかもしれません。
また、家族と楽しむコミュニケーションツールとしてもアプリより優勢になりますから、一人遊び用のおもちゃよりもプレイ人数が多いゲームが多かった印象です。

体感するという意味ではレイチェルのゲームはとてもおもしろそうですね笑
電池や音声の問題もありますが、あれはけっこうヒットするんじゃないかなあ。

あとは大人になった子どもたちに向けたおもちゃも多い笑
結局はおもちゃの「遊び方」も飽和状態ですから、過去の遺産をリメイクする形というのは販路拡大&新規開拓にも繋がりますね。

これは任天堂さんのファミコンやスーファミが再注目されていることを思い出します。
そうそう、その当時からVRチックなものは実はあってバーチャルボーイとかトイザらスにあったんだよ!復刻PCエンジンとかないかな。

さてさて、明日、土日の6月3日、4日は無料で一般開放されます。
ご家族や親しい仲でぶらっと遊びに行くとなかなかおもしろいかもしれませんよ。

以上、東京おもちゃショー2017でした!

Sponsor