ハコオンナを描いたGENk氏イラストの特殊ババ抜き「掴恋慕~かくれんぼ~」

PB273188.JPG

デザイン Dice-K
イラスト GENk
人数 3~5人
時間 15~20分
年齢 12歳~
価格 2000円
発売 2017秋
予約 https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSf16veYIoMNGgBbEBermjA-C7Tk-tXbdRFOL8Z55Nup7YqeGQ/viewform?c=0&w=1

2017秋 土-G013

はじめに

皆さんはホラー好きですか。
私は好きです。いや、好きじゃない(どっち)
最近はレビュー書く時間がないのですが映画のitを観ました。
お隣のアメリカ人女性がアメリカナイズに叫び声をあげていたのが1番怖かったです。

今回のゲームのデザインはGENkさん。
あのハコオンナをデザインの方として有名ですよね。

最初にカードを見た瞬間、正直ひいてしまいました。
いや、特にグロいというのはないんですが、重々しさの雰囲気がカードからひしひしと伝わって、こわい笑

今回はそんなゲムマ新作ボードゲームのご紹介。

テーマ

PB273192.JPG

”も~いいかい”・・・”まぁだだよ”。
誰もいないはずのお屋敷に幼い声がこだまする。

姉妹の魂を解放する方法はただ一つ・・・
バラバラに隠されたそれそれの”躯”を揃えること。

殺人鬼の呪いが降りかかるその前に―――――

システム

PB273179.JPG
暗闇モードとかくれんぼモードがあります。

どちらもほぼ似たようなものですが、個人的に1番良かったかくれんぼモードでご紹介。

簡単に言えばババ抜き+αです。
山札から2人の姉妹をモチーフとした躰のパーツカードをランダムにひいていきます。

PB273194.JPG
パーツが揃ったら前に出して得点となります(インタビューでも取り上げましたがこの時点で勝敗に差がつくのでやり直しもありかも、まあ姉妹に手招きされているということで笑)

PB273181.JPG

カードを引くときは色によって効果が起こります。
赤:手札1枚を任意のプレイヤーに渡す。
青:手札1枚を任意のプレイヤーから奪う。

この効果によってある程度均等にカードが分配できるというわけです。
最後に山札の底の「掴の呪い」が残ります。

PB273184.JPG

「掴の呪い」のすぐ上のカードを引いたプレイヤーは、次の『掴の呪い』もめくります。
いよいよ本番スタートです。
これ以降揃ったカードを場に出す場合、それぞれのカードに記載されている呪い効果が発動します。

「掴の呪い」を持ったプレイヤーが手番となり、このカード+他の手札を相手に渡します。

PB273182.JPG

揃えば場に出して得点となりますが、掴の呪いは残るために、また渡されたプレイヤーは再度他のプレイヤーに掴の呪い+他カードを渡します。

掴の呪い+他の手札を他のプレイヤーに渡せなくなった時点でゲーム終了です。
掴の呪いを持つプレイヤーは0点、獲得した点数の多いプレイヤーの勝利です。

感想

プレイ中は作者の意図と反しているのか分かりませんが怖くないです笑
むしろ面白くて、まあ相手が何を持っているのか判断は出来ないのですがある程度カウンティングしつつ渡す相手を決めます。
じゃあ怖い要素はどこかと言うと、カウンティングはある程度しか出来ないので、後は私怨で渡されます笑

一番怖いのは、生きている人間なのかもしれません。

インタビュー

PB273197.JPG

パッケージは怖かったのですが遊んでみると良かったです!笑
インタビューをお願い致します。
先ずこちらの製作の経緯を教えて頂けますか。
イメージとしてはババ抜きに+αといったところでしょうか。

私共の『ビストロ怪談倶楽部』は3年前からYouTubeにて怪談朗読を配信させて頂いているコンテンツになります。
今回、同コンテンツのオリジナルグッズ制作の一環として『掴恋慕~かくれんぼ~』を制作させて頂きました。
当初は私のボードゲーム好きから発案した企画でしたが、なにぶん初のゲーム制作で右も左も分からない中、様々なゲーム制作関係者の方々にアドバイスを頂きながら、イラストの依頼~入稿まで、1つ1つ手探りで制作させて頂きました。
当初は『ビストロ怪談倶楽部』のコンセプトであるホラー初心者に向けた怪談朗読に因んで、『ボードゲーム初心者でも比較的簡単に楽しめるライトゲーム』という観点と『限られたコンポーネントでのホラー要素の追求』という2点が同居したカードゲームというコンセプトが制作のスタート地点でした。
中でもホラー要素の確立の為にカードイラストにはこだわりたかった為、ハコオンナのパッケージイラストを手掛けられたGENk氏にカードイラストの書き下ろしデザインを、同氏のイラストを100%引き立たせるパッケージレイアウトを、怪談サイト『猫獄山』管理者兼デザイナーのmah氏に依頼させて頂き今回の『掴恋慕~かくれんぼ~』を実現する事が出来ました。
私個人としてはお二人のお蔭で満足の行く出来に仕上がったと自負しております( *´艸`)

呪い効果のルールでは、掴が出る前でも最初に完成されたペアが得点になりますが、これはない方が良い気もします。なぜなら掴が出る本番前に勝ちが確定するためです。このあたりはいかがでしょうか。

貴重なご意見ありがとうございます。
是非第2版以降制作の際の参考にさせて頂きますm(_ _)m

最後にゲムマへの意気込みをどうぞ!

今回GM初出展となる為、制作と同じく1つ1つ手探りでの出展となりますが、1人でも多くの方に『掴恋慕~かくれんぼ~』を手に取って頂き、怪談朗読を初めとするホラーの魅力をお伝え出来たらと思います。
12/2(土)のみの出展とはなりますが、ご来場の際は【G013】ビストロ怪談倶楽部へお越し下さい。
当日会場でお会い出来るのを楽しみにしておりますm(_ _)m

以上、ゲームマーケット2017新作「掴恋慕~かくれんぼ~」でした。

そういえば、撮った覚えのない写真があったんですがこれはなんでしょうね

PB273189.JPG


参加か出来なかった、もしくは買い逃した方は同人ボードゲームのラインナップが豊富にある通販ショップの駿河屋がオススメです。

Sponsor