2017年ドイツゲーム賞1位に輝いたのは「テラフォーミングマーズ」

ドイツゲーム賞2017

ドイツゲーム賞はドイツ年間ゲーム大賞とは異なるボードゲームの代表的な賞です。
ドイツ年間ゲーム大賞は企業運営側によって受賞が最終選考されるのに対して、ドイツゲーム賞はオーディエンスによる完全投票選出であり、インターネット等を利用して順位が決まります。

ドイツ年間ゲーム大賞は一般ウケしやすいボードゲームが選ばれる傾向にあり、逆にドイツゲーム賞はゲーマーズゲームが多く選出されているようです。

このため中にはドイツゲーム賞に重きを置いて購入する方も多くいらっしゃいます。

今回特におもしろいのはドイツゲーム大賞と年間ゲーム大賞の比較です。
いくつか年間ゲーム大賞でもノミネートされて重なるものもあれば、そうでないものもあります。
アグリゴラで有名なウヴェ・ローゼンベルクによる「オーディンの祝祭」を越した2位のグレート・ウェスタントレイルは注目すべき作品です。
年間ゲーム大賞で影響を受けてドイツゲーム大賞で順位が上がるということは想像に容易いのですが、本作はノミネートされず、そしてそれを物ともせずドイツゲーム賞では堂々の2位となりました。

1位:テラフォーミング・マーズ

年間エキスパートゲーム大賞

200枚を超える圧巻のカードで火星を開拓「テラフォーミング・マーズ 日本語版」
ボードゲーム 「テラフォーミングマーズ」のレビューやルールの和訳、感想です。 200枚を超えるカードを利用して火星を開拓するロマンあふれるボードゲームがテラフォーミングマーズです。 ドイツゲーム賞2017では見事1位を受賞。そんなテラフォーミングマーズをシステムやルールを中心にレビューしてみました。
2位:グレート・ウェスタン・トレイル

年間エキスパートゲーム大賞として推薦されたが受賞ならず

私の好きなアレキサンダープフィスターの作品です。
日本語版が既に発売しており、次回レビュー予定。
前回は「モンバサ」が見事1位を獲得した新進気鋭のデザイナーです。

 

3位:オーディンの祝祭

最大級のアクションの大海原へ飛び込め!!「オーディンの祝祭」
ボードゲーム オーディンの祝祭 レビューやルール・感想です。 まえがき 皆様おなじみのアグリコラのウヴェ・ローゼンベルクの大作であり、2016年のエッセンシュピールの人気投票第一位。 感覚としては(アルルの丘+カヴェル...

アグリゴラで有名なウヴェ・ローゼンベルクによる超ゲーマーズゲーム。

 

4位:大鎌戦役

キックスターターより人気を博した作品。

 

5位:ファーストクラス

 

6位:キングドミノ
年間ゲーム大賞

日本語版が既に発売しており、老若男女遊べる傑作と言っても過言ではないでしょう。
15分でゲーマーズのジレンマを味わえる本作は秀逸。

 

6位:北海の侵略者
年間エキスパートゲーム大賞

7位:フルーツジュース

ArclightGames

アークライト社より日本語版が発売開始予定。

8位:キャプテン・ソナー
推薦されたが受賞ならず

9位:マジックメイズ
年間ゲーム大賞

10位:エルドラド
ドイツキッズゲーム賞

キッズ大賞:アイスクール
ドイツキッズゲーム賞

 


参照元

Deutscher Spielepreis 2017 | BoardGameGeek

コメント