2017年秋ゲームマーケット「2日開催と賞の多様化」

PC032419.JPG

ゲムマことゲームマーケット2017年 秋 2日目と両日のまとめレポートです。
この日は前日より待機列が少なく2000人前後くらいでした。雨もふらず快晴。きれいな海面が美しい朝日を照らします。

PC032421.JPG PC032422.JPG

リアルカタンの開始列ですが、資源がオープンに。
あれ?と思い聞いてみたところ5分毎に資源を変えて渡しているらしいです。

PC032423.JPG

まあ確かにランダムだと絶対数が少なければ出ない資源がある可能性もありますからね。

出待ちなんてしちゃダメだよ!  PC032426.JPG

朝から昨日より少ないような気がします。
朝はバネストさん、中古ブース、Cygnusさん、後はBakaFireさんに長蛇の列が。

目立つブース発見

PC032427.JPG PC032429.JPG

ボードゲームRED OUT

PC032432.JPG

最新ゲームを引っさげてPolygonotes「星龍の冠」

お、もう売り切れが出た様子。

PC032434.JPG

やったー!最後の一つ!

PC032437.JPG

アバロンやストンプルと同じ仕組みの「落とす」アブストラクト。
本気でやるとおもしろいけれど50手ルールが決められていないのでそういうときは事前にルール化しておくと吉!

パリパリパリという音とともに「宇宙ドミノ」!!
これはすごい!!

PC032442.JPG PC032444.JPG

磁石とドミノが交わり、家中の空間でドミノが出来る!外であれば鉄棒やら遊具でも!!
ナイスアイデア!

PC032447-ANIMATION.gif PC032450.JPG

集中するお子さん。

日曜開催は予想通り親子連れが多いような気がいたしました。
土曜はゲーマーズ、日曜は家族連れという感じでしょうか。
あとは土曜在庫切れになっても日曜分は残しておくという製作者様が多かったですね。

デザインフェスタのように初日完売あとは販売せず、ということがなさそうで良かった。

他にも日曜は他ブース様に委託するというところもいくつか御座いました。

PC032455.JPG

これはひどい。神経が疲労しそうです・・・。

PC032456.JPG

「ユポ紙とかあるんですか?」
「ええ!あれが一番高い!ホント!ほとんどあれのせいで価格が高くなりました!!」とのこと。 PC032460.JPG

ゾンビ

「肌色見えてませんか?」

「見えてます笑」

PC032464.JPG

ショーナンブース!ウサギの展示が凄い笑
なんか音が聞こえてきそうです笑

PC032466.JPG PC032475.JPG

さてCygnusさんブースへ!

PC032477.JPG PC032479.JPG

すごいどれも美しいグッズばかり。カードスタンドは完売!さすがっ!

PC032484.JPG

ご満悦のご様子。私もうれしい。

PC032487.JPG

ゲームくじが凄まじい行列。みんなそんなにセニョーリエほしいのか。

PC032489.JPG

そうこうしているうちにゲームマーケット大賞発表へ!

PC032492.JPG PC032493.JPG

審査員の皆さん

PC032498.JPG

草場さんから挨拶。「ボードゲームの楽しさの多様化により、エキスパート賞、キッズ賞、大賞に分けることにしました。」

PC032500.JPG

先ずは優秀賞として選ばれた5名の皆様。

皆様それぞれ、一言。

PC032505.JPG

Kittys(リトルフューチャー)さん「実は犬派なんですが・・・」
みんな笑ってます笑

PC032508.JPG

イアルへの道 -Path to Yaaru-(梟老堂)「こんなニッチなゲームが選ばれるなんて」
またまたそんなご謙遜を

PC032509.JPG

エンデの建国者(imagine games)「今回は実は試験的に・・・」
インタビューに後程記載。

PC032511.JPG

ボブジテン(TUKAPON)さん インタビュー後述

PC032519.JPG

バズーカクラッカーをうれしそうに握る秋山さん。うれしそう笑 イイね!!

PC032520.JPG

ということで速報にも書いた通り8ビットモックアップが2017大賞作品に選ばれました。

PC032526.JPG PC032531.JPG

司会進行の方が「もう一度写真用に並んで下さい~」とのことで賞状片手にパシャリ!
皆さんうれしそうです!

ゲームマーケット大賞 インタビュー

PC032540.JPG

今回佐藤様が欠席とのことで長谷川様にインタビューさせて頂きました。

「実は佐藤さんと家が近くて、いつも(ボードゲームが)出来ると持ってきてくれるんですよ。かなりゲームをやっていておもしろいと思うやつがあって・・・あ、これ(8ビットモックアップ)は春に出すつもりがなかったんですね。」

え!そうなんですか!?

「そうなんです。そのゲーム、ダイスエイジなんですがホビージャパンさんから出してもらうことになって、その結果出すものが急遽必要になって、短い期間で出来上がっていてブラシュアップももう必要ないだろうというものを考えた時、アート担当の僕としてはドット絵だとそれなりに短時間でも仕上げることが出来ると思って提案したんです。結果的に良かった。」

ではダイスエイジがあったおかげで、”じゃあシンプルなものを”というのがうまく繋がって出来たのが8ビットモックアップなんですね!

「そうです。それで時間もないのにシンプルな絵にしたらうまく挟まって」

本当に8ビットモックアップのように綺麗に地形が繋がったんですね!

「うまいこと言いますねー笑」

キッズ大賞 インタビュー

PC032534.JPG

このシステムを考えたのは、ある日一匹の猫に餌をやったら次の日猫がたくさん来たという笑猫の餌場に困っていたところ、思いついたそうな。
その後このシステムが閃いたのはどんな瞬間でしたか?との質問に「自転車です!」
「考え事するには自転車が良いですよ!」と語るリトルフューチャー様

「今回キッズ賞を頂いたのですが、オトナから子どもまで楽しめるゲームなので、ぜひたくさんのコミュニティで遊んで欲しいです!」

ゲームマーケット大賞 インタビュー

PC032558.JPG

枯山水から続いてきた中で、先程ひとつの試作というか試験だったとお話を聞きましたがその真意を教えて頂けますか。

「はい、今回は自分がしたいことを盛り込んでみました。特に何も気にしないでやったので、こういう賞をもらえるとは思いませんでした」

そんなご謙遜を。それはご自身の中で、何も囚われずに自分の思いを突き詰めて作ったぞ!という成功なんじゃないでしょうか。

「どうなんですかね。そこまで正直ゲームの完成度も良くはないんです。もう一度自分でもっかいやってみると、ちょっとここはまだまだかなって思うところがあるんです。もう一度再販するときはもう少しブラシュアップして出したいと思っています。」

ではこれからエンデの建国者をやりたい!やっている方に向けて何か御座いますか?

「もし、再販できるのであればそちらもぜひ楽しんで欲しいと思います。」

ボブジテン(TUKAPON)さん

PC032552.JPG

「誕生のきっかけは元々英語を勉強してたのと、元々日本語になっていな外来語が多いなって思ったんです。それがボードゲームになったのは去年のゲームマーケットのことです。」

構想はずっとあったということですか?

「いえ、12月に思ってすぐに作りました。」

すぐですね笑

「5月に出させて頂いたのでそうですね笑」

「元々ツカポンの売り子だったんですよ。でもルールの説明やテーマについて考えるときに、難しいとおもったんです。それでかんたんで分かりやすい物を作りたいって思いがあって、それがすぐに決まったっていう」

すごい!トントン拍子に事が進んだんですね。

「designだったり一から全部教えていただいたて、自分ひとりじゃやはり出来なかったです」

皆さんの支えが合ってということですね。今一番この受賞を伝えたいのは誰ですか?

やっぱり代表のツカポンですね!

ちょっと個人的な質問で「漢字」で日常的に表記できるものもアウトですか?という質問に

「煙草は外来語なのでやはり一応アウトですね。でも刀であったりリンゴなどはカタカナ表記は一応セーフ。でもご自由に年齢やそういったものでルールは決めて頂いていいです」とのことです。

見渡せばもう福夕郎さんの姿がなくショック!!ごめんなさい!!

謎のゲーム。ジャングルスピードの特殊能力だらけ!みたいな感じですね笑

どうやら福岡のTV番組の中で生まれたゲームで、借金を背負うMCがゲームで巻き返すという企画

PC032561.JPG

PC032566.JPG

TRPGお試し会には長蛇の列が!TRPGもかなり盛り上がっております。

PC032559.JPG

楽しそうな卓ですね!

PC032569.JPG

そろそろ時間も終わりに近づいておりますがディアシュピールの卓にはまだまだお客さんが遊ばれております。

PC032576.JPG

代表の川口様に2日開催についてインタビューしました

PC032574.JPG

ゲームマーケット2日開催の所感はいかがですか?

「そうですね。日曜はぱっと見えてファミリー層が多いですね。そのあたりの住み分けは出来てはいるんじゃないかなと思います。」

土日、試遊卓も出されていますが”勢い”や”違い”は曜日ごとにありましたか?

「そうですねー。売れるゲームの傾向は、高いものは1日目で売れて、安いものは2日目に売れるという傾向は見えてきました。そう意味でもちょっと(売れ方が曜日によって)違うので、売上も一日目のときよりも上がっていますし」

1日開催のときよりも売上としては上がったということでしょうか

「ええ、1日目は5月(1日だけ)と同じくらい。なのでその分今日は1日の時よりもプラスです。」

他にも1日目と2日目で何か変ったということはありましたか?

「どうなんでしょうね。けっこう共通のブースが多いので、もう少しガラッと変っても良いのかなとは思いますねー。」

内容の薄い質問にも親切で丁寧なご回答でした。ありがとうございます。

川口様の仰る通り2日開催の違いについてはほんの少し見えてきたばかりです。
まだまだ何かをはっきり言うには時期尚早というものですか。

オインクブースずらり。入り口から。

PC032583.JPG

最後の時間でペイントに集中する皆様

PC032588.JPG

今日も帰れま10!終わりに近づいても元気いっぱいですね!

PC032592.JPG

ゆるあーと|yuruart

ハンザの女王はすぐに完売!次回レビューさせて頂きます!

PC032594.JPG

持ち帰り謎!リアルカタンの交渉をさせて頂きました笑

PC032598.JPG

最後におーくしょんぱーてぃー。なかなかおもしろかった。後でレビューします。

PC032606.JPG

こたつでボードゲーム!これは最高笑

PC032613.JPG

サイコロつかみ取り。100円。なんてことだ笑

PC032615.JPG

感想

たのしかった2日開催!

実質的に来場者数を二分割したと思いますが、これからどの曜日にも客層が固定されて増えていくでしょう。

キッズ大賞からエキスパート大賞までの切り分けから、2日開催という大きな試みはこれからのゲームマーケットを大きく変える一つの要因となりそうです。

それにしてもせっかく2日開催なのですから2日通しのお得チケットなどをなぜ用意しないのでしょうか。という疑問が強く残りました。

今回は(も)海外のレビュワー様とお話が出来ましたので後程追記しようかなと思いますが、なんか先程「ちょっと内容youtubeにUPするから待って」と言われたのでどうなることやら笑

台湾、韓国からのブースもなかなか盛況でしたね。
アジアの中で1番イノベーションにあふれていて活性化しているのがゲームマーケットだ!とのお話も頂きましたし、次回は台湾のボードゲームレビューもしていきます。

まだまだゆるあーと様のハンザの女王やアルハラシステム様の狼少年IIなど、2017年の新作同人ボードゲームをUPしていきますのでお愉しみに!!

Sponsor